森臥 Bacchus 2022
森臥 Bacchus 2022
森臥 Bacchus 2022
森臥 Bacchus 2022

森臥 Bacchus 2022

10Rでの5年間を経て、日本最北端ワイナリーから生まれる力強い味わい

(お一人様2本までとさせていただきます)
名寄はワイナリーとしては最北端だけあって、年間の寒暖差は60℃を超える非常に寒さの厳しい土地。2011年から栽培をはじめ2014年からは5年間10Rワイナリーで委託醸造、2019年に自社醸造が始まりました。
ワイナリーのオフィシャルサイトには
「原材料名寄産葡萄にこだわる事 この北の大地を表現する事 森羅万象 起こりうるすべてを糧として 私達は葡萄を作り ワインを造っていきたいのです」
と、あります。とても素敵なメッセージですよね。
日本最北端という厳しい気候条件への挑戦、そして10Rワイナリーでの研修が5年間というのも非常に長い記録のようです。
そんな、厳しい環境でのテロワールへのチャレンジが感じられる、力強く、そして寒冷地らしいしっかりした酸が印象的な仕上がりです。
-------
名寄市弥生の畑にて収穫されたバッカスを使用。10月の収穫後、すぐにワイナリーにて圧搾しました。バッカス特有の花のような香りを残しつつ、寒冷地らしい酸のしっかりした仕上がりになっています。青リンゴやグレープフルーツといった爽やかさの中にも、洋ナシやジンジャーも感じられます。すっきりとした酸と柑橘のようなほのかな苦みのバランスの良い味わいとなっています。ワインの風味を損なわないよう、濾過などは行っていないため、瓶の中に澱や酒石が残っています。味、品質には問題ありませんが、わずかな濁りでも気になる場合は、澱を舞い上げないよう静かにグラスに注いでお召し上がりください。
-------
価格 : 3,630円(税込)
数量    残りあと4個