トミハラヴィンヤードは北海道上富良野の心地よい風の吹く南西斜面の小高い丘に位置します。

化学肥料や農薬に頼らず、ビオディナミという農法に基づいて栽培されたトミハラヴィンヤードでは、自然本来の生態系が守られ、様々な種類の植物や昆虫が居て、それを食べるカエルや鳥が集まり、うさぎやエゾシカも遊びにきます。 この環境で育ったブドウは力強く、生命感にあふれ、独自のテロワールを表すワインをつくります。

現在は岩見沢の10Rワイナリーにて委託醸造を行っております。


全1件