北海道のワインを厳選したプレミアセレクトショップ
 
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020
平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ  2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020

平川ワイナリー ソリチュード グランドキュヴェ 2020 SOLITUDE Grande Cuvée 2020

【孤独という名のワイン】エレガントで綺麗な酸の余韻、ミネラル感を追求した ソリチュード グランドキュヴェ2020


マンゴー、パイナップル、パッションフルーツのアロマが芳醇、柑橘のマーマレード、ノワゼット、ビスケット、黄色い花、ミント、海風の香りが複雑に混じります。
味わいにはしっかりとした果実味のアタック、ボリューム感のあるボディを感じ、トロピカルフルーツを感じさせる戻り香、溌剌とした筋の通った酸、余韻に塩味が持続します。味わいの前半(甘いと感じるくらいの果実味、厚み)と後半(張り詰めた酸味、特徴的な塩味)とで違った特徴を見せます。区画で育まれる豊かなアロマやボリューム感に樽熟成の旨味が調和したバランスの良い辛口白ワインです。
アルコール度数が果実由来で13.5°ありますが、その高さを感じさせません。

料理との相性:
酸味、塩味との相性を求めた素材による料理。フレッシュな状態よりも火入れして調理した料理に適する。白身魚、貝類、甲殻類、ブールノワゼットにレモンを加えたソース。バジルを添えた料理。エスカベッシュ、ムニエル、白身肉の揚げ物など。
バターを使って香ばしさと柑橘系の爽やかさを強調したり、ハーブ類や酸味を強調したソースとの相性が良い。レモンを添えると料理もワインも引き立てます。

グラス:
大きめのソーヴィニョンブラン(または更に大きなボルドー)系のグラスをお勧めします。

理想の温度:
17度から20度(白ワインですが最適温度は18℃で、質感、果実味が一番複雑です。22℃を超えるとアルコール感、塩味がより強調されます。

製造の特徴
2020年産の白ブドウを、除梗破砕なし、全房にて酸素を遮断しながら独自のプログラムでプレス掛け(搾汁率63%)を行い、嫌気的条件下にてステンレスタンクでアルコール醗酵をさせ、リンゴ酸と果実味を守るためにMLFを行わず、中央フランスアリエ産の樽(新樽率85%、残り15%は3年目の小樽)で酵母由来の澱(リ・フィーヌ)と接触しな
がら、品温17℃にて5ヶ月間熟成させて生まれました。

内容量:750ml アルコール分:13.5%


★★スタッフからのおすすめ★★
果実味やフレッシュさに樽熟成によるボリューム感を高度に共存させ、旨みの強い食との調和へ野心的に挑戦するガストロノミックな1本〜平川ワイナリー ソリチュード・グランキュベ 2020〜
先週ご紹介したNotre Siècleに続き、今年のもう1本の白のGrade Cuvée、ソリチュード・グランドキュヴェ 2020のご紹介です
ソリチュードは毎年お問合せの一番多いワインですが、2020はTerre de YoichiとGrade Cuvéeが両方リリースされるという、幸福なヴィンテージとなりました
ブドウ品種は同じですが、Grade Cuvéeは新樽率85%で樽熟成されており、区画で育まれる豊かなアロマやボリューム感に樽熟成の旨味を調和させるバランスが表現されています
栓を開けると… か、香りが…!
まずはパイナップルやパッションフルーツなどのトロピカル感が強い、非常に南国フルーティで力強い香りに圧倒されます
そしてそのままひとくち口に含むと、最初はその香りのイメージそのままの果実味とジューシィな厚みを感じるのですが、その後後半へ向かうにつれ、溌剌とした酸や塩味が現れ、樽熟成から生まれる香ばしい風味も加わり、上品さを纏った複雑な味わいへと着地します
香りと飲み口は華やかでフルーティでフレッシュですが、酸味と塩味がしっかりと軸にあり、樽の香ばしさもあることから、白身魚や貝類甲殻類、白身肉など火を通して旨みが強く出る素材、バターの香ばしさや柑橘類・ハーブ類の風味をもったテイスト全般と相乗します
果実味、フレッシュさ、酸味、塩味、香ばしさ、複雑な要素それぞれが力強くかつ上品に、高度なバランスで野心的に調和したこのワイン、ひとことで表すのが難しいですが…
飲み手視点でいうと非常に“ガストロノミック”な1本、でしょうか
食事とワインの相性を探る際、酸味や果実味などの要素から探していくことになるわけですが、実際には料理にはそうしたシンプルな要素に分解されない、複雑で高度な風味の調和があるわけですよね
そうした、旨味の強い渾身の一皿がもつ高度な調和に対して、野心的に挑むガストロノミックなワイン、といえるのではないかと思いました
「ちょっといい料理に合わせていいワインが飲みたい」という欲求にぴったりな1本ではないでしょうか♪
是非豊かな香りを引き出す大きめのソーヴィニヨンブラン型グラスでお楽しみください
 
価格 : 6,050円(税込)
数量