北海道のワインを厳選したプレミアセレクトショップ
 
リタファーム&ワイナリー タルデラバタフライ(辛口) 2020
リタファーム&ワイナリー タルデラバタフライ(辛口) 2020
リタファーム&ワイナリー タルデラバタフライ(辛口) 2020
リタファーム&ワイナリー タルデラバタフライ(辛口) 2020
リタファーム&ワイナリー タルデラバタフライ(辛口) 2020
リタファーム&ワイナリー タルデラバタフライ(辛口) 2020

リタファーム&ワイナリー タルデラバタフライ(辛口) 2020

余市産デラウェアを発酵前の数日間マセラシオンし、果皮を果汁に浸漬させ果実の旨味を引き出しました。その後、古樽で発酵させた膨よかな余韻が特徴のワインです。

内容量:750ml アルコール分:12%

★★スタッフからのおすすめ★★
「タルデラバタフライ」は、毎年作られる定番銘柄で、その名の通り樽(古樽)を効かせたデラウェアなんですが、名称にこそ入っていませんが、こちらは、みんな大好き、一昨年頃〜大ブームでかなり一般にも浸透した「オレンジワイン」です…!
私が飲んだことのある一番古いヴィンテージが、多分2017か2018だと思うのですが… そのときはあまりオレンジ感は感じませんでした その名の通り、「樽香が香ばしい辛口デラ」という印象です
それが、年々オレンジ感を増し、2020は、樽感よりもオレンジ感の方がかなり強い、果皮からの旨味とほろ苦さがたっぷりと乗った、まさに今大人気のオレンジワインとしてとてもバランスのよい仕上がりになっています
オレンジの魅力って、やっぱり食事に合わせやすいところだと思うんですよね
特に日本人のように、わかりやすく白ワインや赤ワインにマッチする繊細な料理だけでなく、中華・エスニック・ジャンクフードと、甘みや脂身、個性や旨味が強い、雑多な食を好む文化には、本当に使いやすいワインだと思います
紅茶やオレンジピールのような、ちょっと枯れた感じのフレイバーとほろ苦さは、酸味や果実味が立った白ワインやタンニンの効いた赤ワインに比べて、日本人の日常の食卓に馴染む滋味深さがあるような気もします
と、いうわけで、流行りのオレンジワイン、今年は安定のリタファームさんの1本で試してみませんか?
価格 : 2,860円(税込)
数量    売り切れ
 

品切れ